大会長 御礼の挨拶

一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第31回研究大会 in 岩手
大会長 大井 清文
(公益財団法人いわてリハビリテーションセンター 理事長)

 このたび、「一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第31回研究大会in岩手」を、平成30年2月2日(金)、2月3日(土)の2日間にわたり、岩手県盛岡市にて開催させて頂き、お陰をもちまして基調講演2、特別講演5、教育講演5、シンポジウム1、委員会企画6、ランチョンセミナー5、一般演題800題を、全て盛会裏に終了させていただきました。
 また厳冬の盛岡の地にも関わらず、2,216名の方々のご出席を賜り、優れた発表と活発な議論をいただき実り多い大会でありましたこと、これもひとえに皆様のご高配の賜物と存じ、心より感謝申し上げます。
 大会運営にあたり、「コンパクト」と「おもてなし」を基本的な方針とし、職員一同全力で取り組んで参りましたが、研究大会の準備ならびに運営にあたりましては何かと不行き届きの点も多々ありましたことと存じます。皆様にお詫び申し上げますともに、何卒ご寛容のほどお願い申し上げます。
 次期大会は、来年2月21日、22日に舞浜・千葉にて開催となりますが、今大会の「おもてなしの国」から次期大会の「夢の国」へのバトンタッチを行ったところでございます。今後とも皆様の御協力を賜りながら、来年以降の研究大会が益々発展することを祈念しております。
 末筆ではございますが、皆様の益々のご健勝とご発展を心より祈念申し上げ、御礼の挨拶とさせていただきます。


平成30年2月 吉日